榊淳司の

買ってはいけない大規模マンション

近畿圏編18物件





   

「首都圏編 18物件」が大好評につき、

「近畿圏編 18物件」を緊急発売することにいたしました。

どうぞ、みなさまの「判断材料」としてお役立てください。



私は、もとが近畿圏の生まれで、合計で24年間居住していました。

今回、近畿圏の大規模マンションを改めて調査したところ、

たくさんありますね、買ってはいけないマンションが!



首都圏と比較しての特徴は、竣工1年以上を経過した

名実共に「中古」化した物件が多いことです。

中には竣工後2年以上経過、というのもあります。



こういう物件は、いくら安いからといって、

値引きしてもらったからといって、

買うべきではありません。



それと、近畿圏でも無闇に大きいばかりのマンションが目に付きます。

みなさん、マンションは大きい方がいいと思っていませんか?



大きければいろいろな共用施設が付いています。



キッズルームやゲストルーム、パーティルームにフィットネスルーム・・・

中には温水プールや温泉まで付いているマンションもあります。



大きければ、管理費や修繕積立金の総額も大きくなります。

大きければ、駐車場もたくさん設けられます。

100%は当たり前?

大きければ、1戸あたりの建築費が安くなるから、お買い得??



でも、大きければ大きいなりの問題も多いのです。



一部の人しか使わないプールやフィットネスルームの維持費は

すべての区分所有者の管理費で運営・維持されます。

管理費や修繕積立金の総額が大きい分、出費も膨大です。

共用部分の管理や修繕費もそれだけかさみます。



駐車場の使用料は修繕積立金の予算に組み込まれるケースがほとんど。

車離れが進む中、利用者がいなくなれば予算に影響します。

それに、機械式駐車場は15、6年で更新する必要があります。

1戸当たりにして安くなった建築費は価格に反映されず、

広告に使うタレントのギャラに変わる場合が多々あります。


「さあ、儲けてやるぞ」

たいていのマンションデベロッパーというものは、

自分たちの利益を1万円でも多く

確保するための努力はしても、

エンドユーザーのために1万円でも安くて良い

住まいを作ろうとは考えません

 
            

大規模マンションにはたいてい、多額の広告予算が確保されています。

それは、それだけお金を掛けなければ人が集まらないだろうと

予め予想をしているから予算を取るのです。



モノにも価格にも自信があれば、多額の広告費は不要です。



私が先日テレビで紹介した、世田谷のあるマンションは、

通常のマンションの1割くらいの広告予算で

あっという間に完売してしまいました。



大規模マンションでは、本来の商品と関係ない

ビジュアルで広告している例が多く見られます。

タレントやイメージ広告でエンドユーザーの目を引くのは、

何か誤魔化さなければいけない欠点が隠されているからです。



新築マンションは、ウエディングドレスを着た女性のようなものです。

ほとんどの女性が、ウエディングドレスを着ると美しく見えます。

多額の広告費を掛けている大規模マンションは

無茶苦茶上等のウエディングドレスを着せられているようなもの。

そして、一番見せたいところだけ見せているのです。


「普段着のアタシを見てね」

でも、これが一旦中古になると

ユニクロの ジーンズを履いた女性に早変わり。



それでも、本当に美しい方は美しいもの。

外見だけではありません。

人間の本当の魅力が内面からあふれ出すように、

お化粧をしていなくても、普段着のままでも、

目鼻立ちが整っていなくても、美しい方は美しい。



マンションも同じです。



いくら外見を着飾っても、

アレコレとデコレーションを整えても、

醜いマンションは醜いもの。



シンプルで愛想がないファサードであったとしても、

中身をしっかり作ってあるものは、凛とした表情があります。



みなさんが、厚化粧の大規模マンションが

繰り出す様々な広告に騙されないために。

また、一見便利で住みやすそうな大規模マンションの

イメージに惑わされないために、

この情報教材を世に送り出すことにしました。



ここには、財閥系、専業大手、長谷工型JVなど、

様々な事業主が近畿圏で現在販売している18物件の

大規模マンション(200戸以上)を取り上げ、それぞれについて

榊が考える「買ってはいけない」理由をコメントしております。



「この広告センス悪すぎ!」

この18物件を選んだ基準は

●不動産としての資産価値として問題がある

●将来、住み心地が悪くなりそう

●20年後、30年後に大問題が起きそう

●あまりにも割高で、近々値下がりしそう

●広告のセンスから事業主の姿勢が疑われる

  
 
 
                               

だいたい、以上5点です。

いずれも、これを買ったら負の資産を背負うことになる、

と榊が考えたマンションです。



もしかして、あなたが今検討しているマンションも

この中に入っているかもしれません。



今、大規模マンションの購入を検討されている方や

大規模マンションを中心に探しておられる方は、ぜひご一読ください。



但し、これはあくまでも榊の考えをまとめたものです。

実際にマンションを売買される時は、

あくまでもご自身の判断でなさってください。



また、この情報教材は、

特定の企業の活動を妨害することを意図したものではなく

あくまでもエンドユーザーの利益を守るため、

ひとつの判断材料を提供するものです。



「ヤッター、これなら買える!」

今回は、この秋だけの限定販売ということで

価格も

     

1,960円

とリーズナブルに設定。




商品はダウンロード版で27ページ PDFファイルになります。

 
 
                       

榊淳司は、この他にもマンション購入希望者が即座に実践できる

「榊淳司のマンション値引き交渉術」

という情報教材も販売しています。

あわせてご検討ください。
 
  
  

特定商取引法に基づく表記 榊淳司の 買ってはいけない大規模マンション 近畿圏編18物件
Copyright c SakakiAtsushi 2009 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system